羊毛フェルトの小鳥たちの巣のセット

iichi(イイチ)。オーダー作品。森のことり制作。メジロのひなと巣のセット。

中にはミシン糸のような細い糸もあるのですが、小鳥を入れられる固さに編むには本数や種類にコツがあります。

iichi(イイチ)にて販売中。森のことり制作。スズメのひなと巣の小さなセット。

必ず1本でも編んだりほどいたりできる強度のある糸を混ぜると良いみたいです。

iichi(イイチ)にて販売中。森のことり制作。スズメのひなのセット。プレゼントに。

鳥の巣の色は都会で見られるものと里山などで見られるものとでは同じ鳥でも巣材に違いがあります。

iichi(イイチ)にて販売中。森のことり制作。スズメのひなと巣のセット。

小さなメジロは民家の玄関先にあるシンボルツリーに巣を作ることもあるそうです。

iichi(イイチ)にて販売中。森のことり制作。スズメのひなと巣の小さなセットとの大きさの比較

道具を使わないでくちばしで作っていく姿を見ると、編み目や形などはその時その時に出来上がった自然なものがしっくりきます。なにか違和感を感じて編んでいくとからまってほどけない時があります。失敗して初めて巣を編むのに向いていない糸もわかってきます。

 

このブログはランキングに参加しています。楽しんでいただけたらクリックで応援をお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ

Translate »