羊毛フェルトとレジンを組み合わせる

いま作品を販売しているiichi(イイチ)にはお気に入りの作家さんが数名いて

creema(クリーマ)はメルマガを特に楽しみにしているサイト。

そして国内最大のminne(ミンネ)は
出品側ですとホームページのサービスや
販売すると遭遇するわからないことを教えてくれるページがあったり
素材を探せたり
こちらも見るのが楽しいサイトだという印象を持っています。

 

近所のホームセンターのアクアリウムや熱帯魚が泳いでいるのを見ると
暑いことを一瞬忘れてしまいます。

ウール100%の羊毛フェルトを夏に涼しくできる方法や見せ方がないか
応用できないか試してみました。

 

アクアリウムを見たのが、たった5分の車の運転が辛かった時期だったので
余計に
ガラスに入った水の中に揺れる水草や魚たちに心が落ち着いたのかもしれません。

 

アクアリウムを見るより前に
多肉植物を入れて吊るしてあるハンギングガラスをニトリで見ていました。

部屋にすぐに飾れて可愛いのに買う気にならなかったのは
白い小石もフェイクの多肉も
ボンドか樹脂かなにかで固められていて
ガラスから出せず、
固定されていたからです。

 

ニトリはハンドメイドの資材屋さんではないのですぐに飾れるインテリアとして販売されています。

これをヒントに一年を通して好きなものを入れ換えられたら
もっと楽しいかも・・・と思って
自分で中に入れられるものを変えられるようなものを
作ってみようと思いました。

 

通販で購入したものはガラスもそこそこ厚みがありますが
まずはとっても小さなセリアのハンギングガラスで水辺の試作品を作ってみました。

水辺を作る時に参考にしたのはジオラマの材料や
意外なところでは夏ならではの寒天で季節の素材を流しかためて作る和菓子の錦玉羹(きんぎょくかん)です。

 

You tubeでレジンで海辺を作るアクセサリーの動画はたくさんあったのでそちらも参考にしてみました。

私の水辺のイメージは家の近くの川下りや渓谷が見える川がペパーミントのような淡いグリーン。

ミント色の染料を買ってきてレジンに少量だけ使うと何か違う感じなので染料は使わないことにしました。
羊毛フェルトに合わせるレジンの水辺の動画を作ってみました。

音楽が鳴りなりますのでご注意くださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村このブログはランキングに参加しております。最後にぽちっと応援お願いします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ

Translate »