無垢材に巣とヒナを組み合わせた作品

2016-02-11 | Posted in ブログ, 作品集No Comments » 

 野鳥写真資料 (5)

 一番外側の木の幹の「耳」と呼ばれる部分を残すことで一枚の無垢材であることがわかります。

加工していない木材にドイツ生まれの自然の植物油と植物ワックスからできた

人間にも動植物にも安全な塗料を塗っています。

 塗ってから部屋に置いてもにおいがほとんど無く、健康を害するシンナーやアルコール、

そして発がん性が疑わしい有害な化学物質は一切使われていないので

赤ちゃんのおもちゃにも使える塗料なのだそうです。

2015-9-15-4thなかまともだち- (1)

 無垢材に貼り付けるいろんな糸で編んだ鳥の巣は、中に入るひなの色やその季節によって

少しずつ変えています。

 藁(わら)に見えたり、枝に見えたり、苔に見えたり、いろんな表情を生み出す糸は

組み合わせで羊毛フェルトの小鳥たちのあたたかいクッションになっています。

森のことり メジロのひな

 なぜかこのシリーズはメジロのひなが一番多く巣立っていくのを嬉しく

不思議にも感じております。

無垢材を提供してくださる工房と

家具店やホームセンターではことごとく断られた丸く木材を削ってくださる職人さんと

美しい糸を作り続けていらっしゃる糸の専門店と

どの素材が欠けても作れないこの作品を

これからも大切に長く作り続けていけたらと思います。

森のことり

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »