収納と撮影場所を兼ねたコーナー作り

2017-05-31 | Posted in ブログ, 日々の暮らしNo Comments » 

小鳥に合わせて。季節に合わせて。星空を見上げる夜。雪の降る森。
大きな樹のウロから巣立つ前のヒナたち。
作ってみたいひなたちのイメージに合わせて糸を買っていると、ほこりを避けるための扉付きの本棚に入らなくなってきました。
編んでみないと編み心地や、ほどきやすさも全くわからないので色違いも含めてかなりの数になってきたので
飾って収納できて撮影もできるものはないかずっと探してたどり着いたのが無印良品の壁に取り付けられる棚です。

森のことり制作羊毛フェルトメジロのひな

水平を測る黄色い器具はダイソーで買ってきました。

取扱説明書を壁に飾りたい位置に貼り付けると棚の後ろ側で見えない金具の位置が印刷してあります。
紙に印刷されている金具の位置や棚の高さの見当をつけたら直接H型の金具を壁にマスキングテープで仮止めします。
H型金具の穴に石こうボード用のピンを合計4箇所、差し込んでいきます。
私が最初に飾りたかった壁は東側の明るいコンクリート壁でしたので付属の金具では止められないので
西側の暗い「石こうボード」の壁に棚を取り付けることにしました。

冬は寒くて暗いのでこの北側の仕事部屋で作ることは滅多にになく
南側のリビングに必要なものだけ移動させて作っています。
田植えが始まり、窓から見える田んぼに全て水が張られる頃になると一面に湖が現れたようになり
晴れた日の西日に照らされると、見ているだけで和やかな気持ちになれる田園風景が広がります。
川岸に近づくとホタルも見られる場所もあるそうで、同じマンションに住む友人に連れていってもらった日には
民家の屋根にまでホタルが舞っていた幻想的な風景を思い出します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村このブログはランキングに参加しております。最後にぽちっと応援お願いします。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »